ブログトップ

刑部課長伝説

qny4y6.exblog.jp

あの京都府警、ネット犯罪捜査を支える“愛妻の手書きツイッター”(産経新聞)

 情報通信の発展とともにますます多様化、巧妙化するハイテク犯罪に対し、先駆的な摘発事例で手腕を発揮する京都府警のハイテク犯罪対策室。個性的な捜査集団の先頭に立つ室長補佐の木村公也警部(53)は、今年4月から警察庁の広域技能指導官に選ばれ、最前線の捜査とともに後身の育成にも力を注ぐ。今年で警察官生活30年。地道な仕事の支えとなっているのは、毎日欠かさず届く妻からの励ましのメッセージだった。(浅山亮)

 ■匿名の壁に無力感…励まされた2500通

 深夜、自宅で開いたパソコン画面。次々とアップされる音楽や映画の違法ファイルを前に「どこかに突破口がないか」と考えをめぐらせる。

 妙案が浮かばないまま布団に潜り込むと、傍らで眠っていたはずの妻、みのりさん(47)が「ご苦労さまでした」と声をかけた。「自分にも『ゲゲゲの女房』がいるんやな」。NHKの連続テレビ小説に出てくる献身的なヒロインが、ふと頭をよぎった。

 昭和32年生まれ。大学の水産学科を卒業後、55年に京都府警に入り、親子3代の警察官となった。

 まだインターネットが普及していなかったころから、パソコン通信などに、児童ポルノ販売など犯罪情報があふれていた。だが、当時は法的に適切な捜査手段がない。「目の前で犯罪が横行しているのに、何もできない状況が悔しい…」。日常業務の合間に、独学でさまざまな方策を探った。

 平成13年4月、京都府警にハイテク犯罪対策室が設置されたころには、ネット空間はファイル共有ソフト「Winny(ウィニー)」により、著作権を無視した違法世界に染まっていた。「警察に対する挑戦や」。怒りを胸に毎晩遅くまでパソコンに向かい、格闘した。それでも超えられない「匿名性」の壁。何度も無力感にさいなまれた。

 ある夜、みのりさんにつぶやいた。「もうやめようかな」。すると翌朝、パソコン台にメッセージが書かれたカードが置いてあった。「2階に上がろうとする熱意がハシゴを生み出す」−。以降毎日、励ましの「格言メール」が届くようになった。

 地道な捜査を続け、15年11月、ウィニーの違法ユーザーを全国初摘発。16年5月には、著作権法違反幇助(ほうじょ)容疑でウィニーの開発者を逮捕した。開発者の公判は今も続いているが、以降もさまざまなハイテク犯罪を果敢に摘発してきた。

 捜査手腕が評価され、今年、表彰を受けた。真っ先に浮かんだのは、連れ添って24年になる妻の顔だった。心の支えとなってきた妻からのメッセージは、約2500通を数える。

 「ハイテク捜査に必要なのは情熱だけ」。ネット上には、Twitter(ツイッター)などの新しいサービスが次々と登場する。「子供が落とし穴にはまらないように整備するのがわれわれの使命です」

 今日も携帯電話にメールが届く。「愛すべきは、その未熟さです」。メッセージをそっと胸にしまい、パソコンの画面に向かった。

 【用語解説】京都府警ハイテク犯罪対策室

 京都府警のハイテク捜査は平成6年、生活安全企画課生活安全特別捜査隊の捜査員3人で本格スタート。13年に対策室が設置され、現在約20人が所属する。ファイル共有ソフトの違法ユーザー摘発などで手腕を発揮。今月14日には動画投稿サイト「You Tube(ユーチューブ)」に人気漫画の加工動画を違法に投稿したとして男子中学生を逮捕するなど、新サービスの取り締まりにも力を入れている。

【関連記事】
ネット犯罪に手を染めた中国人留学生の代償
「高差」「うちこ」隠語は健在…警視庁ネットハンターが狙う闇サイトの“急所” 
高度なネット犯罪に対応、専従取締班を設置 警視庁
1千万台超をウイルス感染させたネット犯罪組織を摘発 スペイン
中3、漫画120作を発売前YouTube投稿 入手経路を捜査
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

「拉致被害者をすぐに返せ」1000人デモ(産経新聞)
<子ども手当>振込先を間違えたまま郵送 苦情115件/長崎(毎日新聞)
水難 兄弟死亡 ゴムボートから転落 福岡・遠賀川(毎日新聞)
<豪雨被害>高校生らヒマワリの絵で復興願い 兵庫・佐用町(毎日新聞)
<痴漢>自殺者の母ら会見 「冤罪だ」と情報提供訴える(毎日新聞)
[PR]
by dyshvpkjpl | 2010-06-19 04:24
<鳩山首相>辞任に伴う記者会見... >>